2009年08月23日

劇場版アニメ ヤッターマン

劇場版 ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合! オモチャの国で大決戦だコロン!

今日からアニメのヤッターマン劇場版が公開ってことで、さっそく観てきたよん。


なんかイベントやるってことだったんで、新宿ピカデリーの初回を予約。

新宿ピカデリー

※ひょっとしたら智秋ちゃん来たりしないかな〜という淡い期待は叶わず(笑)
 地元で観たらしい。

ヤッターマン(^з^)-☆!! (たかはし智秋オフィシャルブログ Chiaking)

しかも上映開始の10:00ギリギリに到着したんで、ガンちゃんやアイちゃんとも
握手できなかったYO!!(爆)

客席は半分くらい埋まってたかな?
すでに予告宣伝が始まってて場内暗かったから、よく分からんけど、
場内わりと静かだったんで、思ったほど子供は多くなかったんじゃないかも。


んで、映画の方はですね、よくデキてたんじゃないかと。
飽きずに最後まで観られたし。
詳しくは書かないけど、劇場版用の悪役が登場するんで、三悪の出番が
少なめだったのがちょっと残念。
逆にヤッターマンたちは大活躍だったね。

今回もあちこちにタツノコキャラがいたりと、遊び要素もいろいろあった。
序盤の遊園地にガッチャマンのメンバーが登場してた。
あと、ガンダムネタの直後にタイムボカンの淳子ちゃんもいたな。
たしか、画面の左下の方に。

そして、なんといっても嬉しかったのが、まささん(山本正之)の歌う
『ヤッターキング 2009夏!アニメ』!!
ヤッターマン世代のおじさんとしては、これは感動せずにはいられなかったっス。
こりゃ、サントラ買うしかないな〜(笑)

あ、あと、エンドロールのキャストの山ちゃん(山寺宏一)のところは、
分かってても笑ってしまった。

上映終了後、「すごく面白かったぁ」ってお子さまたちの満足そうな声があちこちから聞こえてきましたですよ。

まあ、絶対に劇場に観に行けとまでは言わないけど、どうせ観るなら劇場の
大きな画面で観た方がいいとは思いますわ。


パンフレットは完全にお子さま向けの作りだった。
声優陣は写真はおろかコメントすら載ってしぇん。

劇場版アニメヤッターマン パンフレット

こちらは入場時にもらったヤッターマンサンバイザー。

劇場版アニメヤッターマン ヤッターマンサンバイザー width=


ついでに、ローソンで予約してた前売り券を引き取ってきた。
もう一回くらいは観に行こうかな。

劇場版アニメヤッターマン 前売り券

ローソン限定の缶ペンケース。
オモッチャマやネエトンが出てるんで買ってみた。
使う機会はまったくないだろうけど(笑)

劇場版アニメヤッターマン ローソン缶ペンケース1

劇場版アニメヤッターマン ローソン缶ペンケース2


劇場版 ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合! オモチャの国で大決戦だコロン!

劇場版アニメ ヤッターマン オフィシャルチャンネル

ヤッターマン総合ポータルサイト
posted by でぱ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

2009年03月08日

映画「ヤッターマン」/ YATTERMAN

映画「ヤッターマン」 YATTERMAN (松竹)

キャスト:
 櫻井翔 / 高田ガン(ヤッターマン1号)
 福田沙紀 / 上成愛(ヤッターマン2号)
 深田恭子 / ドロンジョ
 生瀬勝久 / ボヤッキー
 ケンドーコバヤシ / トンズラー
 阿部サダヲ / 海江田博士
 岡田杏里 / 海江田翔子
 山寺宏一 / ナレーション ヤッターワン(声) ヤッターキング(声)
 滝口順平 / ドクロベエ
 たかはし智秋 / オモッチャマ

スタッフ:
 三池崇史 / 監督
 笹川ひろし / 竜の子プロダクション TVアニメ「ヤッターマン」総監督
 山本英夫 / 撮影
 寺田克也 / キャラクターデザイン リファイン
 柘植伊佐夫 / キャラクタースーパーバイザー
 伊賀大介 / スタイリスト
 太田垣香織 / CGIディレクター
 山本正之 神保正明 藤原いくろう / 音楽
 林田裕至 / 美術


TVアニメ版に続いて劇場版でもオモッチャマの声をチアキんぐ(たかはし智秋)が
担当するってことで、公開初日に早速観てきましたよ!

なかなか豪華な作りのプログラム。

映画ヤッターマン パンフレット

残念ながら、智秋ちゅわんの写真はありません。
キャスト紹介のところにコメントはあるけど、「JPY〜」とは書いてない(笑)

レイトショーを事前にネットで予約。
400ほど席数のうち2/3以上は埋まってたかな?
レイトショーなんでお子さまは少なめ。
自分と同じく、子供のころヤッターマンを観てた世代が多そうだった感じ。
あとは櫻井くん目当ての女の子とか。

ドクロベエの指令でドクロストーンを手に入れようとするドロンボー一味の
企みをヤッターマンたちが阻止していくというアニメ版からのお馴染みのストーリー。
映画開始早々からヤッターマンとドロンボーの戦闘シーンなんで、ヤッターマン
という作品を知らない人には???な展開かも。
まあ、ヤッターマンをまったく知らない人が観に来るとは思えんけど(笑)

ヤッターマンといえばさまざまな「お約束」が重要な要素の一つなわけで、
その辺りもシッカリ抑えてある。
ただ、ちょっとギャグのテンポは悪いかな〜という気がした。
まあ、実写でアニメと同じようにやるのは難しいと思うけど。

その分、映画ではアニメとは違った形で笑いを取ってます。
上映中、劇場全体に笑いが起こる場面が何度もあったし、
自分も一緒に声出して笑ってましたん。

TVアニメ「ヤッターマン」(とくにオリジナル)を観てた人は
かなり楽しめると思うよ。

他にも、みなしごハッチやハクション大魔王のアクビちゃんなどの、
タツノコ作品のキャラが背景に登場したり、タイガーマスクのMr.No(「YES」って
書いてあったけど(笑))が登場したりと、遊びもいろいろ散りばめられてましたわ。

あと、アニメ版ドロンジョ役の小原さんとトンズラー役のたてかべさん、
そして笹川さんの三人がカメオ出演してました(笑)
あ、山ちゃん(山寺宏一)も出てたね。

んで、智秋ちゅわんがブログChiakingでエキストラ出演してるって告知してたんで、
必死になって探したんだけど、分からんかったわ・・・。
「ヒントはウェディングシーン」って書いてあったから、序盤の「メリーDORO」の
シーンだと思うんだけど。あのシーン、人が多すぎ(笑)

elder sisterで詳細が紹介されましたね。
 ほほう、わりと大きく映ってたのか〜。
 ご本人が「100%気付かれない自信があるねッ!」って書いてたから、
 かなり小さいんだろうと思って後ろの方中心に探してたよぅ。
 しかし、声も入っていたのに気づかないとは、まだまだ修行が足りんな(笑)

それから、恭子りんのドロンジョさま。
ちょっとドロンジョさまにしては可愛さが強いかなって感じはするけど、
なかなかよかった。
あの、胸元のホクロは反則だと思う(爆)

ストーリーは・・・。
海江田親子の話とか必要だったんだろうか?
まあ、ヤッターマンにストーリーを期待してる人はいないと思うけど(笑)

そだ、あと音楽を忘れちゃいけない!
山本さんの「ヤッターマンの歌2009」が聴けたのは嬉しかった。
他にも劇伴に「王道復古」のメロディーとか入ってたね。
サントラ買おうかな〜。

あ、あと、これも忘れちゃいけない。
入場時に貼り紙してあったんだけど、エンドロールの後にも映像がありますよ。
なかなかビックリドッキリなモノでした(笑)


そうそう、特別鑑賞券、かなり前に買ったのに紹介し忘れてたよ。

映画ヤッターマン 特別鑑賞券

親子ペア券。子供いるわけじゃないけど(笑)
だって、オモッチャマの方も欲しかったんだも〜ん。

おまけのオリジナルストラップ。ドロンボーVer。

映画ヤッターマン オリジナルストラップ

たしか、1月のアイマスイベントの帰りに買ったんだけど、ヤッターマンVerは
もうなかったという・・・。


映画「ヤッターマン」公式サイト
映画「ヤッターマン」公式サイト

映画「ヤッターマン」特集 (TSUTAYA Online)

ツタヤッターマン オンライン
posted by でぱ at 01:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

2007年12月02日

大日本人(DVD)

松本人志の初監督作品。
劇場では観てない。作品内容の事前知識もまったくなしで鑑賞。
うーん、非常に微妙だ。
まず、ああいうジャンルだとは思ってなかったんで意外だった。
あと、結構金をかけてて驚いた。
松本人志らしい部分がいっぱいあって、笑える部分もあったんだけど、全体的には退屈だった。
深夜番組とかDVDならともかく、これをわざわざ映画でやる必要があったのか?
これからも映画を作るつもりなんだろうか?
次はもう少し別の面を出してほしいと思う。
評価は4/10点。
posted by でぱ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2007年08月10日

デジャヴ(Blu-ray Disk)

TVでちらっと見た予告編かなにかの印象が良かったので購入。

冒頭の爆破シーンでもうやられたって感じ。あそこは内容的には悲惨なシーンなんだけど、とっても綺麗だった。迫力もあったし。

話のテンポもよくって、最後まで退屈せずに楽しめた。ただし、普通のサスペンスものを期待しているとガッカリするかも。

最後のクレジット見るまでブラッカイマーが関わっているとは気づかず。

いろいろとツッコミたくなる部分(とくにラストとか)もあったけど、あまり深く考えずに楽しむ作品だね。

評価は7/10点。
posted by でぱ at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画